引越し単身比較

引越し単身比較して最安値の引越し業者を探す

 

 

>>>引越し侍予約サービス

 

 

引っ越しの単身パックを比較してみよう

 

入学や卒業、就職や転勤など住み替えが必要になったとき、引っ越し業者の単身パックを利用しましょう。

 

単身パックは決められた荷物の量に鎮まることを条件に手軽な料金で引っ越しもらえるコースのことです。荷物の量と寸法でその料金は決まります。

 

ただ、大手引越し業者を比較してみると、アート引越センターの単身引越パックは容量制限がないのです。そのため荷物をコンパクトにしようにも多すぎて無理という方にはオススメの業者だ。

 

そのほかの大手引越業者にも単身パックというコースはあります。それぞれ特徴があります。6社か7社くらいは見積もりを取って比較し、良い業者を選ぶようにしましょう。

 

多く比較をすればやるほど相場が分かりますし値引き交渉にも役立ちます。単身パックだからと言って断じて安っぽいというわけではありません。

 

引越し単身比較

 

アート引越センター以外なら容量制限があるので荷物の量が目立ちすぎると普通の引越コースと変わらない料金となってしまう。

 

寸法によっても各社料金は変わってきます。

 

アート引越センターは近距離長距離とも対応可能、オプションやエコ楽ボックスなど無料サービスも充実しています。

 

学割パックやレディースパックなどの単身パックもあります。

 

アリさんマークの引越社はたたみ3畳分の量が容量目安だ。

 

荷物量によって細くプランが分かれているのが特徴で、近距離引越で大型家具がない荷物少な目の方にはおすすめの引越業者だ。

 

クロネコヤマトの引越センターは押入れ1段分が容量目安だ。

 

早期申込み割引や平日割引があります。

 

引越し単身比較

 

時指定が可能なので予定が立て易いのが特徴です。

 

ダック引越センターもアリさんマークの引越社同様にたたみ3畳分の量が容量目安だ。対応寸法は同一市区間内となっています。

 

東京や神奈川、千葉、埼玉エリア内で使えるひっこし定額パックがお得なプランだ。

 

日本通運は2トン車1台分が容量目安だ。近距離から中距離タイプの引越向きの業者で、コスパで選ぶならここがオススメです。

 

荷物をもらえるかぎり燃やす、引越日を平日にする、など極力安く上げるようにした上で、見積もりを複数会社に依頼し、その見積もりを元に値段交渉を行うのが引越を安く突き上げるコツです。

 

引越エリアや引越す日、時間など個別の条件によって料金は何ともなるのでおしなべてどの業者が安いと判断することは出来ません。

 

しっかり見積もりを取って自分に合う業者を調査ください。

 

 

オフシーズン(5月〜2月)の引越し料金目安

移動距離 単身(荷物量:普通) 単身(荷物量:多め) 2人家族 4人家族
近距離(20km以内) 37,805円 44,315円 46,350円 62,075円
近距離(50km以内) 43,595円 45,980円 52,761円 72,831円
長距離(200km以内) 60,642円 63,213円 80,835円 96,170円
長距離(300km以内) 74,112円 81,394円 113,456円 162,866円

 

繁忙期(3月、4月)の引越し料金目安

移動距離 単身(荷物量:普通) 単身(荷物量:多め) 2人家族 4人家族
近距離(20km以内) 49,147円 57,610円 60,255円 80,698円
近距離(50km以内) 56,674円 59,774円 68,589円 94,680円
長距離(200km以内) 78,835円 82,177円 105,086円 125,021円
長距離(300km以内) 96,346円 105,812円 147,493円 211,726円

 

引っ越し単身パックはお得です

 

引越し単身比較

 

独身が引っ越しをする場合、荷物が少なければ引業者の単身パックによる事をお勧めします。

 

自力で引っ越しをしようと策するよりも一際コストを押さえつける事が出来るのです。

 

各業者で色々な独身向けのサービスを展開してある。

 

一際、何でもいいからコストを抑えるに越したことないという人にはとりわけ時間指定も無い、午後出発で他の人の荷物と相乗りするプランなどもあります。こうした場合は通常3万円ほど掛かる料金が10000円程度で済んでしまう事が多いようです。

 

ここまで、引き下げるのにはポイントがあります。

 

見積もりは複数の会社にしてもらう事。ネットで、単身パックの一斉比較など出来ますのでそれを利用するといいでしょう。

 

複数の見積もりを取って比較すると大体の相場が分かるので、一番安いところを選べますし、他社への値段交渉の材料にもなります。

 

〇〇社は、お宅よりいかほど安いですというと、その金額より下げてもらえる事が多いのです。値段交渉は基本的に絶対ください。

 

荷物はなるべく切り落とします。

 

単身パックはは数少ない荷物を運ぶサービスなので、少量であれば他の人の荷物と共に運ばれます。そうする事によって、トラックやワーカーが生きることがないため、トラック家賃や人件費をゼロに抑えられるので、引越し料金が大幅に安くなるのです。

 

単身も荷物が多い人は、単身パック扱いにならずに通常料金となってしまう。

 

どんなに荷物を燃やすかが大きなポイントとなってきます。

 

また、各業者によって単身パックの箱のがたいは違うので敢然とそこも確認しておかないといけません。

 

甚だ安いなと飛び付くと実はBOXのがたいが他社より小さめだった。

 

あんなに物を無理して処分しなければ良かったなどという事も起きて来る。

 

運べるサイズから金額までかなり違うので、かわいらしく考えずに選ぶと非常に損をする形になってしまいます。

 

引越し日は平日がいいでしょう。

 

引越しを土日にすると費用が高くなります。

 

多くの人が日曜日に引っ越そうというので高くなってしまう。

 

平日でも月曜日、火曜日、水曜日、木曜日までは短いようです。平日にグングン割引を通してくれる業者もありますので、チェックしましょう。

 

変遷の多い、3月、4月、9月も高めです。時期によっても料金がなるので、気をつけましょう。

 

引っ越し料金やサービス範囲は、業者ごとにすごく違う。素晴らしく確認して条件の良いところを探しましょう。

 

 

引っ越しを最安値に望める単身パックは

 

引越し単身比較

 

引っ越しは誰でも一度は経験することが多いのですが、果たして大変です。

 

手続きも多いし、荷物も多いのでまとめたりしなくてはいけないだ。

 

慌しい中での引っ越しは体に負担がかかります。

 

ですが、その手間だけではなくて、より困難のはお金が鳴ることです。

 

部屋が変わると家具やカーテンも新しく買い直さないといけない場合が起こるので、金銭面でも大変だ。ですので節約出来る所はしよはみんな思っているところです。

 

そして、その節約が出来る所は引っ越しの業者を選ぶところです。

 

引っ越し業者によって、金額が大きく変わってくる。少ないところと高いところでは2倍近くの金額に繋がる。

 

とにかくおんなじ荷物を運ぶなら出来るだけ安い所がいいです。

 

とりわけ単身の引っ越しは自分1人しかいないので、家族に助けてもらうことが出来ないので、できるだけ手間をかけずに安くするというのがポイントになってきます。

 

ですが、料金が安ければどういう引越業者もいいは注意が必要です。格安引越し業者には安かろう悪かろうというところが非常に多くて、業者選びは慎重にしなければいけません。

 

業者選びに失敗してトラブルに巻き込まれるは良くあることです。

 

1人で引越す場合には単身パックというものがあり、単身に特化したお得プランがありますので、これを利用すると最安値で出来ます。

 

また、大手のところでも扱っているので安心して利用できます。

 

単身パックはいかなる方法かというと、トラックを貸し切って荷物を運ぶのではなくて、各引越し業者が指定したカーゴや専用ボックスに入る荷物を定額で運搬するという方法だ。

 

普通の引越しと宅急便の間に位置する内容で料金はリーズナブルです。セールスに訪問見積もりをしてもらう必要はないので独り暮しにはピッタリです。また運送保証がついているので安心です。

 

今では沢山の業者が単身パックを扱っているので、沢山の業者を調べて最安値のところ探すと安く引越すことが出来ます。

 

至って安く引っ越せる単身パックですが、荷物が多い人は入りきらない場合もあるので注意しなければいけないだ。

 

ですので、荷物が限られてしまう。荷物が多い人は断捨離を通じてリサイクルしたり処分をする必要も出てきますが、はなはだ少ない輸送なので自分で調べて少ないところを調べて、他にも何かとお金が繋がるので、そちらの軍資金として有効にお金を使えると良いです。

 

短距離の単身パックはお得な引っ越しを実現

 

引越し単身比較

 

引っ越しの荷物を自分でまとめて搬出や運搬、搬入を行うことは大変です。

 

家族に手を借りることができない場合、友人や知人に依頼すると御礼なども考えなければなりませんし、家の場所や室内の間取りそして荷物の中身なども知られてしまうため、余程信頼できる人でないとお願いすることができません。

 

色んな煩わしさがあるのならプロに依頼したほうが安心ですし、安く済む場合があります。

 

自分だけが引越すのであれば、荷物の量もそれだけ多くはならないため、引っ越し業者では単身パックサービスを実施していて、一般的な引っ越しよりもお手軽にすむようにしています。

 

そして、引っ越し先が短距離であるならグングンお得に終えることができます。

 

単身パックの荷物の量は、専用のボックス内に積める量と定められておる業者もあれば、大体の目安量で提示して居残る業者があるので、自分の荷物量が目安内に収まっているか望ましく確かめないとエクストラチャージが取られたりする。

 

また、輸送の距離の範囲も短距離の値が違っていて、50km以内としているところもあれば20kmとしている場合もありますし、おんなじ市内や県内であれば距離に関係なく低い料金に設定している業者もあるので、すばらしく調べてから利用すると損をしません。

 

業者のサイトを見てみると、単身パックを使えるか調べることが望める診断サービスが行われていて、わざわざ業者に問い合わせしなくても助かるサービスやある程度の料金が分かるようになっています。

 

このツールを利用すれば、他社との比較が可能になります。

 

逐一複数の業者で見極めるのが面倒なら一括見積サービスサイトを使えば、一度の入力だけで複数の業者から見積もりをもらうことができます。

 

簡単に比較できる反面、見積もりが出そろうまで時間がかかることがありますし、勧誘の電話やメールなどが来る場合もあることを使い分ける必要があります。

 

引っ越しが込み合って要る時期だと通常料金よりも高くなっていることがあるため、業者に頼む時折確認が必要です。

 

安さだけを求めて頼んでしまうと対応が望ましくなかったり、荷物を雑に扱われて仕舞うような業者にあたってしまうこともあるので、評判もそこそこ参考にして選ぶべきです。

 

持ち出すものはすべてリストを作成して置き、荷解きした時に紛失しているものがないか、業者と共に確認できるようにしておくと良いです。

 

宝物などは梱包する前に写真で撮影して置き、運搬後に傷などが欠けるか写真と見比べると分かりやすいだ。

 

引っ越し単身パックの一括査定を行おう

 

引越し単身比較

 

引っ越しを行う際は引っ越し業者に依頼することが多いですが、引越す人数によって選ぶコースも違ってきます。

 

単身で引っ越しす場合はそこそこ荷物も少ないですが、こうした場合は単身パックが向いています。

 

引っ越しには多々費用もかかりますので、ひたすら余計な費用は抑えたいですから、業者選びは慎重に行いましょう。

 

業者によって特徴は異なり、多くの荷物を運ぶ際にはお得な料金になっている場合でも、大型の車両が中心の業者の場合は少量の荷物の配送の場合はむしろ割高になって仕舞う可能性もあります。

 

それゆえに業者を選ぶ際はそれぞれの特徴を思い切り理解し、如何なるサービスが得意としていて、安い価格で利用できるのかを知っておく必要があります。

 

単身パックの特徴は通常の荷物の配送のように利用でき、トラックをチャージ始める必要がありませんので、それ程費用が抑えられるメリットがあります。

 

大型の家具や家電を持っていかない、現地で購入する場合などはそういったパックを選んでおくと良いでしょう。

 

そして依頼する前には荷物の量や高さや長さなどは一概に測っておきたいところです。

 

こんなサービスは容積や重量には限りがありますので、荷物は一心にチェックし、不要なものはできるだけ持っていかないようにしましょう。

 

形がひずみ易いものなども単身パックには向いていませんし、スペースに余裕がある場合も宝などは補償外となることもありますので、そうしたものは本人で運ぶようにしましょう。

 

そして荷物の量や距離によって価格は変化していきます。

 

荷物が多くなればそんなに費用も数多く必要となってきますし、距離も長くなればそんなに多くの費用が発生します。

 

同じサービス内容も業者ごとに費用は違ってきますので、依頼前には無料査定を通じておくことがおすすめです。

 

査定だけなら無料で対応して得る業者も多くなっていますので、まずは業者ごとに料金を確認しておきましょう。

 

査定は電話やインターネット、真に荷物を見てもらって行うこともできますが、多くの業者から見積を取り置きたいに関してはインターネットの一括査定が便利です。

 

個別に依頼すると、そのたびに情報を入力しなくてはいけませんが、一括査定なら一度の入力だけで複数の業者の見積が落とせるので便利です。

 

結果はメールや電話で知らせてくれますので、料金やサービス内容はよく比較して安心して利用できる業者を選びましょう。

 

大手の引越し業者が実施している便利でお得な単身パック

 

引越し単身比較

 

引越しがまとまるととりわけ考えなければならないのが、業者の手配といえます。

 

身の回りの物を全て運び出すため信用がまつわる業者でなければならないのは勿論、スタッフの対応や動きも一心に価格も安価であることが条件だ。

 

再度単身での引越です場合、それに当たるプランを提供してくれるかも大切な条件といえます。

 

こうした条件を全て満たしてくれるのは、予め大手の引越し業者といえるのです。

 

大手の引越し業者では単身赴任や学生の方へ対する単身パックが用意されてあり、荷物が少なかったり忙しい場合でも気兼ねなく依頼できるシステムとなっています。

 

単身パックによる最大のメリットは、何といっても価格が低いことです。

 

大手ならトラック1台で単身の方の荷物を何人分も同時に運ぶため、一般的な引越よりリーズナブルな価格が実現するのです。

 

さらに引越し業者と話し合いの上ちっちゃな荷物は自分で梱包したりすれば、益々価格を安く抑えることが可能です。

 

そして大手の単身パックなら、営業エリアが大きく営業時間も長いため自分が都合の良い時に引越しできることが多いのもメリットだ。

 

しかし単身での引越を成功させるためには、前もってやっておくべき事があります。

 

それは出来る限り多くの引越し業者から見積もりをとることです。

 

その理由として単身パックのプラン内容が、会社によって大きく異なる事があります。

 

やはり価格もバラつきがあります。

 

大して調べないで契約してしまうと、知らないうちに大きな損をすることもあります。

 

ですからまずはインターネットを利用して、各社のパックの特徴や価格を調べることが大切です。

 

その後見積もりをとるわけですが、この時どうしても活用したい方法があります。

 

それが一括見積もりサイトなのです。

 

一括見積もりサイトには有名な業者が多く登録されてあり、引越し先や今の住所を入力すれば、一度に見積もりをとることが可能です。

 

こういったサイトを利用すれば競争原理も行ない、各社安い価格での見積もりを提出してくれる傾向があります。

 

こうした質の良い各社の見積もりを比較できるため、ますますお得で利用しやすい業者を素早く買えるのです。

 

やはり一番価格の安い業者と交渉すればよいですし、細かい打ち合わせを重ねていくうちにさらに価格が安くなる可能性もあるのです。

 

一括見積もりサイトは登録も見積もり依頼も無料ですから、さんざっぱら安心です。

 

大手の引越し業者の単身パックによる際には、ぜひとも一度一括見積もりサイトで各社の価格を比較することをおすすめします。

 

引っ越しの単身パックで料金を安くするためのコツ

 

引越し単身比較

 

引っ越しの料金は、関東運輸局が公示している「時間制・距離制運賃率表」という基準がありますが、これは法律による定めではありません。

 

今現在、引っ越しの料金を定めた法律は存在しないのです。

 

どれだけ高い金額をつけても、逆にどれだけ安くしても、法律による規制はないので、自由ということになります。

 

よって、運賃をいくらにするかというのは、完全に引っ越し業者の裁量となっていますので、安く引っ越しが望むのなら、業者選びは非常に重要になります。

 

単身パックで料金を安くしたいのなら、大手よりも中小業者がオススメになります。単身パックも、大手の業者だと安くても3万円は過ぎる場合がほとんどです。

 

ところが、中小業者では少ないところだと10000円台に設定されています。

 

大手の価格がおっきい理由には、大手ではコールセンターやクレーム対応などが充実していることや、テレビCMなどの広告に費用をかけていることがあります。

 

また、大手のワーカーは、きちんと教育を通していますので、信頼できますが、その分価格は高くなります。

 

一方、地域密着型の中小業者では、広告宣伝などには費用をかけておらず、コールセンターやクレーム対応用の電話などは乏しい場合が多いです。

 

その代わりに、価格の安さをウリにしている業者が多いのです。

 

また、地域密着型の中小業者では、交渉がしやすいのもメリットだ。

 

例えば、「荷物をすべて玄関先に省く」とか、「自分も作業を手伝います」と言って交渉するため、料金を安くするといった交渉が中小業者ではとことん行なわれてある。

 

荷物をすべて玄関先に省く事で、ワーカーが靴を履いたり脱いだりやる手間を省け、作業が短く終わります。

 

また、お客が作業を手伝うため、ワーカーを1人燃やすことができれば、ワーカー1人分の料金を減らすことができます。

 

依頼する先が大手ですにせよ、中小ですにせよ、見積もりをとる時折一括見積もりサービスを利用することがオススメです。

 

一括見積もりサービスには、申し込みの手間が取り去れるというメリットもありますが、それ以上に価格を安くこなせるというメリットがあります。

 

一般に、普通に電話をして見積もりをお願いすれば、業者はさっと高めの見積りを設定します。この理由は、他社との競争がないからだ。

 

ところが、一括見積もりサービスを通して申し込みをすると、業者は他社との競争があることがわかっているので、仕事が欲しい業者は、最初からできるだけ乏しい見積りを提示してくる。

 

お一人での引っ越しには低価格の単身パックがおすすめ

 

新おとなや単身赴任など、お一人での引っ越しには「単身パック」がオススメです。

 

引っ越し経験の少ない方にとっては、どれくらい費用が要るのか、とっても気になるところです。

 

特に、単身による引っ越しの相場を見ていきましょう。

 

各社でサービス内容に若干の違いはあるものの、単身パックを設けておる業者がほとんどです。

 

市価は、【通常期】約40,000円、【時期】50,000円ですが、荷物が多い場合などは、【通常期】約50,000円、【時期】60,000円といったところです。

 

勿論、こういう価格は条件によって数千円〜数万円程度変動する場合があります。

 

さて、引っ越し価格は、主に次の3つで決まります。

 

@荷物の量
A時期(※3月や9月は時期ですので、料金が高くなります)
B間隔(※おんなじ市内であれば安く済みますが、遠距離ほどコストがかかります)

 

単身パックは、家財道具を単身用のBOXに収納して輸送する。

 

BOXサイズには、荷物が少ないSパックと、割に多いLパックの2種類を設定しているのが大半で、すでに大半家財道具を所有している方には、Lパックがおすすめ。

 

反対に、荷物が少ない方や、必要最低限のものだけを運びたいという方にはSパックがきっかりよいでしょう
※なお、SパックやLパックなどのサービス名称は業者によって異なります。

 

また、オマケの利用や新居の階数を通じて、エクストラチャージが発生する場合があります。

 

忙しくて荷造りができないという方には、「荷造りサービス」が便利です。

 

5,000円〜10,000円程度、エクストラチャージが発生しますが、ずいぶん時間が取れない方にはお得なサービスと言えます。

 

女性で、洗濯機やテレビの取り付けが苦手という方は、「取り付けサービス」のオプションを申し込んでおくことをおすすめします。

 

新居が1階の場合は追加で料金をなくなることはあまりありませんが、上層階ほどコストがかかり、エレベーターの有無によっても金額は変わってきます。

 

これは、見積もりの段階で敢然と確認しておく必要です。

 

いずれにしても、引っ越しが決まったら、まずは見積もり依頼をすることから始めてください。

 

多少なりともコストを抑えたいという方は、インターネットで無料で試せる「一括見積もりサービス」が便利です。

 

最近では、見積もりや申し込みをインターネットで行うと料金が割引になるサービスがありますので、必ずチェックしておきましょう。